スポンサーサイト

2012.07.10.Tue.
category: -, auther: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

クラッシュ・ブレイズ 《嘆きのサイレン1》

2005.08.01.Mon.15:32
category: コミック, auther: りんね
クラッシュ・ブレイズ コミック・バージョン - 嘆きのサイレン1
クラッシュ・ブレイズ コミック・バージョン - 嘆きのサイレン1
茅田 砂胡, 鈴木 理華

 クレイド星系で宇宙船の事故が多発しているということで、元連邦主席から調査の依頼をされたケリーとジャスミンはダイアナ(船)を伴い目的の宙域へと向かった。
 するとその宙域へ入った途端、ダイアナが暴走を始めた! 太陽へと飛び込もうとする船を強制停止させ、ケリーは黒い天使へ救援信号を送った。
 果たして、黒い天使(ルウ)は歌うことでダイアナを正常に戻せたのだが……。

 小説版《嘆きのサイレン》がコミック化されました。
 正直なところ文章で読むほうがお話は面白いのですが、やはりキャラクターが紙面上とはいえ、表情をつけて動いているのはファンとして眼福もの。
 小説の挿絵と同じ作家さんが描かれているので、挿絵を気に入っていた私としては「男前〜v美人〜v可愛い〜v」の連発です。
 しかも、いくら想像力の逞しい私でも限度があるという、文章で表現されていたあのシーンやこのシーンが絵で見せてくれるわけですから、なるほど!と手を打つなりニヤけるなりで楽しいことこの上ないです。
 ダイアナの奇天烈な格好を目に出来たのもよかったですけど、何よりケリーのニヒルな笑みと目が点な顔が見られたのが嬉しい(笑)。
 ちなみにダイアナの船体のモデルが“リーフィーシドラゴン”とは。ちょっとビックリ(内輪ウケ)。
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2012.07.10.Tue.
category: -, auther: スポンサードリンク
- | -

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://mike10.jugem.jp/trackback/17

TrackBacks