スポンサーサイト

2012.07.10.Tue.
category: -, auther: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

ダイロンの聖少女

2005.08.03.Wed.12:06
category: 小説, auther: りんね
ダイロンの聖少女 クラッシャージョウ(10)
ダイロンの聖少女 クラッシャージョウ(10)
高千穂 遙

 強制的に組み込まれた仕事に渋々ながら向かったジョウたちは、現地に入ってやっと依頼内容を聞かされた。ゴーフリー帝国の独裁者ルキアノスに狙われている聖少女ネネトを無事に脱出させなければならないのだが、皇帝の放ったサイボーグ戦士に苦戦を強いられる。するとネネトの力を受けたリッキーが赤い閃光に包まれ思いもかけない力を発揮した。
 リッキー大活躍のクラッシャー列伝10作目!

 劇場版クラッシャージョウがSFアニメの中で一番好きだったにも拘らず、小説を読んだのは今作が初めてという……ストーリーよりもキャラクターに惚れ込んでいたのだと認識しました。
 でも高千穂作品は『ダーティーペア』は読んでいたので文体の読みやすさは変わらず、大変さくさくと読めました。思っていたとおりの展開と必ずチーム四人のうち誰かが主役級として活躍するので、そのキャラに肩入れしていたりすると楽しいだろうなと思います。
 個人的にはやっぱりジョウのファンだったりするけれど、他の三人も個性が強くて面白いので、今回最年少のリッキーが、まあちょうどゲストキャラ美少女のネネトと年齢が近いことから大活躍でカッコよかったです。
 ただね、お話自体は超能力ものであるんだけど、この題材って必ずといっていいほどラストが同じで、まとまりはするけどこのパターンでしか解決しないっていうか、超能力の存在をこれでしか表現できないのは致し方ないのかなぁと、ちょっと残念。
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2012.07.10.Tue.
category: -, auther: スポンサードリンク
- | -

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://mike10.jugem.jp/trackback/18

TrackBacks