スポンサーサイト

2012.07.10.Tue.
category: -, auther: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

救命病棟24時 第4シリーズ

2009.09.23.Wed.14:27
category: DVD(映画・ドラマ・アニメ), auther: りんね
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
昨夜の最終回、ちょっとアクション(派手さ)に走りすぎ? と思わなくもなかったですけど(医療改革がテーマのわりには。まあ第3シリーズはこれの比じゃなかったですけど、地震がテーマのお話でしたから当然の演出ですが)、最後までしっかり見続けることができました。

けっこうリアルを追及した設定とストーリーだったんでしょうね。
もしかしたら現実はもっとヒドイ状況なのかもしれませんが。
どんな仕事でも、大小ありますが、理想と気持ちと現実の待遇や状況とが、一致しないことが多いですよね。
それをどうにかすり合わせて、時にはだましだましで生きている私たちですけども。
ひたむきで正しいと思っている「正義感」や「思いやり」が、知らず誰かを苦しめてるかもしれないなんて、切ないしやりきれないですよね。
でもそれを信じないと、合理的に効率よく少しの犠牲には眼をつぶって、なんてやっていたら、“心”って何だろう? って思ってしまいます。

今回のシリーズは“人として”どう考えどう生きるか、根本的な在り方を考えさせられました。

ただね、進藤さんは言葉が足りない!(笑)。
ある意味、相手を思いやって言葉が出てこなくなるのかもしれませんけど(なんとなく“呑み込んでる”気がした)、たまにはホッとさせる言葉を言ってあげるのって大事だと思います。
なので、小島に対して「おまえは適任だと思うぞ。医局長」(ちょっとセリフが違うかも)と言った時は思わずニンマリしましたね〜。
たぶん随分前から小島のことは一人前として認めていたでしょうけど、それをやっと言葉に出したなぁと思って、嬉しかったですね。
しっかし、この二人はどうあっても恋愛には発展しないのでしょうか?
してほしいような、してほしくないような、複雑な気分ですけども。
何やら、さっそく冬にSP決定と出てたので、まだまだ続いていきそうですね。
comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2012.07.10.Tue.
category: -, auther: スポンサードリンク
- | -

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks